Egoistic novice

KITAKEI_uzことうづきちのブログ

僕が今までの人生で唯一ゴミ箱に叩き込んだ本の話。

こんにちは、うづきちです。

ブログみたいなの書くとき、自分で思ったのが本の感想とか書いてるのが一番好きらしい。うん。

とまぁ、本題。高校の頃にラノベ三昧していたんですけど、読んでは買って読んでは買ってとしてたんですけど。僕は単巻で完結するラノベが好きなのですが(ガガガ文庫が単巻系をよく出すしオススメ)、そういうの買い漁ってるうちにとんでもない地雷を踏んでしまったんですよ。それがこれ。

f:id:kitam1106777:20171212100608j:plain

いや、地雷と言っても僕に合わなかっただけというのが真理なのでしょうが。(Amazonの評価とか星5だったし)←なんでやねん。

買った理由としては、音楽がテーマそうなタイトルだったからって感じ。音楽系がテーマのお話っていいですよね。さよならピアノソナタとか、けいおんとか。(なんかいいのあったら教えてください)

また、本買うときってあらすじとか気にしないで買うんですよ、ジャケ買い侍。それでいいなーってこの本買ったんですよ。

あらすじがこれ(今見ました)

冴えない日々を送る伊勢伊織。高校生となり、彼はかつての友人で初恋の相手、水無瀬愛と再会する。しかし、愛はボカロPとして活躍しており、伊織では手が届かない程の人気者になっていた!伊織は愛に近づきたいあまり、自分もまた数万再生の楽曲を作る人気ボカロPだと嘘を吐いてしまうのだった。 ...

 

そう、ボカロPになるとかならねーとかの話なんですよ。もう既に臭いじゃないですか。(超失礼)

特に

自分もまた数万再生の楽曲を作る人気ボカロPだと嘘を吐いてしまうのだった。

ここですよ、意味わからなすぎるでしょ。ごまかしようのない嘘ついて、どうにか嘘じゃなくする~みたいな話の流れだったはず。間違ってたらごめんなさい。3年近く前のことなので曖昧あいまいみー

嘘って誰しもついてしまうと思うんですよ。それはもう仕方なくてどうしようもない。どうしようもないんだけど、ごまかし効かない嘘はついちゃダメでしょ...。再生数とかコメント数とかごまかしようがなくない?こちらから数値弄ることはできんわけですし。この主人公やべえな。

感想は覚えてる感じじゃこのくらい。あとはもう内容が気持ち悪かったことぐらいしか。(ごめんなさい)やたらヒロインとかとベタベタして新キャラ出して~とかやってるラノベよりキツかった。

そして家に帰って部屋のゴミ箱に叩き込みました。本にも作者にも申し訳ないと思う。でも、あのときは抑えられなかった....感情に任せた一投だったと思う。

 

はい、僕の人生初を奪ってくれちゃった本の話でした。おつかれ!