Egoistic novice

KITAKEI_uzことうづきちのブログ

キミシダイ列車の研究

こんにちは、うづきちです。前の記事がどうも明るくオチなかったのでもう一つ。

 

ある日僕がニコニコのアイマスMAD(アイドルマスターのアニメのシーンを切り取り貼り付けしてまた一つの作品にするやつ)を漁っていたら、よいMADが一つ見つかりました。それがこれ。

www.nicovideo.jp

ONE OK ROCKのキミシダイ列車という曲を用いて作られたMAD動画ですね。音ハメなどがすっごい気持ちのいい動画なので見てみてください。

 

でまぁ、このMADを見て聴いて、キミシダイ列車にドハマリしてしまったんですよね。

まず単純にかっこいい、これ歌えたらもっとかっこいい.....って早速ヒトリカラオケに突貫しました。

 

 

歌えねえ!!!!!!!!!!(´・ω・`)

 

テンポを掴みづらいのと、英語が混じるところでペース乱されて最終的に「ふーんふーんふーん(涙」みたいになった。

普段僕は、なにかを失敗とか上手くいかなかったときとかに悔しがることってほとんどないんですよね。

でもですよ、歌うことって僕大好きなんですよね。また、自分でも得意だと感じれたことなんですよ。(あくまで主観なので周りがどう思っているかは今は度外視する)

なので歌えなかったことがめちゃめちゃ悔しかったんですよね。

 

そして、熱い研究が始まった....。

 

研究方法としてはまず、とりあえず聴く、そして口ずさむ。まずはこれら。

とりあえず歌った。車の中でも仕事の途中でもアメニモマケズカゼニモマケズ.....

そしたら歌詞がペラペーラと出てくるようになるペラよ。これ大事。

 

そしてこのキミシダイ列車で自分が一番難題だと思った箇所

 

yes try to try , In moving on

というフレーズ。ここ最初速すぎてまーーーーじで歌えなかった。歌詞覚えてからもダメだった。

ダメだったので次はここに焦点を絞った。

Twitterのフォロワーにどう歌ったらいいか聞いたら

「トライトラロベーロー」って返ってきました。僕と考えは同じだったらしい。実際これに聴こえる。仕方ない。

でもどうにか形にしたいと、一人でペラペラ口ずさんでたらある日ポンッと上手く排出できたタイミングがありました。そしてそのタイミングを僕は捕まえて離さなかった。伝説のポケモン捕まえたばりの感じ。もう逃さねえぞラティオス

 

ここで割りと形になったロベーローのとこはクリアした。とりあえず最初から最後まで主要部分は歌えるようになったというわけ。頭のとこのゴアッウェーのとこはまだなに言ってのかわかんない(*´∀`*)

 

研究はまだ完成していない、僕のキミシダイ列車研究はまだ続くのだ。

 

おつかれ!