Egoistic novice

KITAKEI_uzことうづきちのブログ

とある飛空士への追憶を読んで、その後

こんにちは、うづきちです。

 

前回の記事から、1ヶ月もない程度経ったのですがとある飛空士シリーズの続きを読み進めていってました。

今は、恋歌、夜想曲まで読み終わりました。

f:id:kitam1106777:20171127193556j:plainf:id:kitam1106777:20171127193630j:plain

創刊順は追憶→恋歌→夜想曲→誓約です。順番通りに読み進めて、今は誓約を読んでいます。

特に気に入ってるのが夜想曲ですね。追憶の続きの話になるのですが、熱くていいんだこれが。ラノベという括りからちょっと外れている(登場する女性は一人なので)気はしますが最高でした。

侍魂を感じる内容でした(ネタバレ回避とともに、それとなく内容を説明していく)

 

恋歌は、追憶に比べて~みたいな感じで前半読んでいたのですが、後半段々盛り上がっていきましたね....。「生きろ!」が大好きでした。ラノベとしても、戦記物としても良かったです。チハルちゃんが尊いのだ....。

 

この飛空士シリーズ、どうやらあんまり売上がよろしくないらしく少し残念。僕が書いたわけじゃないしあれこれ言うのもおかしな話なのだがもっと売れてほしい。感動できるので是非に。