Egoistic novice

KITAKEI_uzことうづきちのブログ

あまりにもすることがないのでブログを開設してみた

こんにちは、UZ(うづきち)と申します。初見の方は初めまして、Twitterから飛んできた方はこんにちは(2回目)

 

Twitterじゃ言えない、言えなくはないんだけど、文字制限のせいで言うのがめんどくさいことなどを書いていけたらいいんじゃないかなー。

 

知ってるかもしれないけど、知らない人のために、この記事にはかんたんに自己紹介を載せようと思った。

 

・まず自分について

この記事を書く時点では20歳である。

社畜です。オタクです。

 

・好きなこと

音楽を聴くこと

ゲーム

絵を描いたりなんか作ること

アニメを見ること

 

・やってみたいこと

ゲームづくり

 

こ、こんなものか・・・。書くことがないです。

 

というわけで、TwitterなどにURL貼っとくんで、ひまーなときにでも見てみてください。記事が更新されているかもしれません。Twitter→@KITAKEI_uz

twitter.com

 

 

 

 

 

 

きららファンタジア、ガチャの確率渋すぎ問題。

こんにちは、うづきちです。

きららファンタジアをオート、全ストーリーすっ飛ばしで1章を終わらせました。1章のボス?みたいなやつだけはオートじゃなくて手でポチポチしました。じゃないと勝てない...。

ほんで進めて行ったら石がほんっとにチマチマもらえますね。それが300貯まったのですよ。初回だけ300個で引けます!ということで引きました。SSはしてないけどゴミだったんですよね。(キャラたちには申し訳ない)

「はいはい、なかなか酷いなぁ。%はいくらなんや」と、

f:id:kitam1106777:20171215150235j:plain

2%かぁ!!酷いなぁ!

言うて、以前のデレステの1.5%とか、今のFGOの1%とか見てたらうーんってなりますね(病気)。2%とかちょといわぁ~~~、余裕ですわぁ~~~~。

 

このゲーム最初のガチャで引き直しできるんで、好きなキャラ+1ぐらいでSSR?を引いておくといいかもしれませんねー。

 

とまぁ、話題もなかったので。おつかれ!

きららファンタジアをようやく遊べたのですが。

こんにちは、うづきちです。

リリースからちょっとの間(もはや数えるまいよ)、メンテメンテしてたきららファンタジアですが、今日ようやく遊べるようになりましたね。

f:id:kitam1106777:20171214144110j:plain

うおお、面白そう。

ほんで本題なんですけど。このゲームの参加作品なんですけど、合計9作品(現段階)で参加されてます。

・きららファンタジア ・ゆゆ式      ・うらら迷路帖

ひだまりスケッチ  ・きんいろモザイク  他続々!

・NEWGAME!    ・ステラのまほう

Aチャンネル    ・がっこうぐらし 

 

ここで一つ、「けいおん!は!?ごちうさは!?」という点ですね。僕以外にも思った方が多数いるんじゃないでしょうか。

ここから僕の考察。なぜけいおんごちうさが現時点で存在していないかです。ぶっちゃけ誰でも思いつくような考察内容です。大きな期待はなきよう。

 

僕が考えたのは、今後のブーストのために取って置いてる説。

このゲーム、スマホゲーという形式上目立つ戦闘などないんですよね。どっかで見た最悪オートで流せるタイプのゲームです。決して面白くないわけではないので悪しからず。

こういうタイプのゲームは非常に飽きやすいです(僕の主観)。飽きやすいということは人が離れるやすいということですね。ここで、人が離れない対策を打つ必要性が出てきます。それが人気タイトルを後回しにする方法ですね。

けいおん!ごちうさが人気タイトルとなっている所以ですが、言わずと知れた作品ですので説明要る?って感じなんですけど一応。

 

けいおん!

f:id:kitam1106777:20171214150227j:plain

きらら発のバンド漫画作品ですね。もう爆発的な人気を博しました。僕のオタク入りもこの作品が原因でした。劇場版は2回見に行った....。ギターも買った(バカ)

京都アニメーションがアニメを制作していたことや、声優の豪華さ、たくさんの楽曲など理由は様々な気がします。キャラも可愛いし弱いところがない作品です。けいおんについてはもっと語りたいのですが別記事で。

 

ご注文はうさぎですか?(略してごちうさ

f:id:kitam1106777:20171214150913j:plain

きらら発の、喫茶店が舞台の漫画。2014年にとんでもない人気になりましたね。けいおんに並ぶ人気ぶりじゃないでしょうか。「あ~心がぴょんぴょんするんじゃ」などの定型文が誕生したり、ニコニコで1話が100万再生を越えたりなんかもうレジェンドですね。僕はそこまで心入れしてはいないのですが。

人気の理由は単純にキャラが可愛いことや、声優の豪華さでしょうか。きらら作品の声優は大概、声優豪華なんですけどね。

 

この2作が頭抜けて強いんですよね。もちろんひだまりスケッチきんいろモザイク、NEWGAMEなども強いには強いのですがちょっと上記二つには劣る気がしますね。

ここで考察に戻ります。

現時点での参加作品にも固定ファンがいたり、きららだからという感じでファンが付いていたりします。ゲームの初動のために必要だった作品、またこれだけあればという作品という感じでしょうか。

けいおんごちうさがなくとも現時点の作品で一応商売も可能なんですよね。ひだまりという軸に、きんモザ、NEWGAMEという大きな実を垂らせば人は集まります。この辺の作品に寄り付くということは、それ以前以降2年内(範囲は人によって変わる)の作品って視聴したりしてるはずなんですよ。ゆゆ式とか、ステラのまほうとか。

なので、「ああ、あのキャラか」とかで治まるんですよ。

正直、あとに回す作品って他の作品でもよかったんですよね。例えばAチャンネルとか、うららとか。その場合ですよ、

・きららファンタジア ・ゆゆ式      ・ごちうさ

ひだまりスケッチ  ・きんいろモザイク  他続々!

・NEWGAME!    ・ステラのまほう

けいおん!    ・がっこうぐらし 

てな風になりますよね。初動からとてもダウンロード数を稼げそうですよね。でも、これじゃ意味ないんです。なぜかってゲームのシステムが弱いから。キャラ頼りのゲームなんですよこれ。(スマホゲーってそんなもんだろってのは置いておく)

でもキャラが好きっていうのはゲームを介する必要性ってないですよね。だって本読めばそこに大好きなキャラは居るんですから。システムに飽きたら人は離れますよね。

人が離れはじめてどうにか人を獲得、復帰させようと思ったときにAチャンネルうらら迷路帖実装します!!って言われても、少数の人間しか動かないんですよね。だってそもそものファンが少ない(けいおんごちうさに比べて)んですよ。いい作品なのはわかってます。そこはご理解を。

でも、けいおんごちうさを後に回せばどえらい数が復帰、獲得できますよね。やっときたか!待ってたよ!って。ほいで課金地獄の幕開けですよ。きらファン大儲け勝ったなガハハ!ですよ。

後回しな理由はここまで。めちゃくちゃな文章で申し訳ないのですが、理解して(懇願)。

 

次に、スターティング作品がなぜこれら9作品なのか考えてみました。ここは簡単にいきます。

ひだまりスケッチ

まず、きらら古参の獲得のために絶対必要ですね。これは外せない。きらら初のアニメ化作品だったりします。

・NEWGAME!

ここ最近じゃ一番強かったんじゃないかな。この作品にも結構なファンがいますよね。強固な土台を築くのに必要です。

きんいろモザイク

ごちうさの1年前ぐらいに人気だった作品。九条カレンをエースに据えたアタッカーですね(アタッカーってなんだよ)

ゆゆ式

2013年にアニメが放送されて、「ゆゆ式の2期はよ」などと言われてますね。闇討ち役ですね。(ファンを抱えているということです)

 

他の5作品も多数ファンを抱えてますね(説明が思いつかない)。将棋で言うところの歩的な役割を持って要ると思います。(歩は必要です、これ大事)

 

ていうか、記事にするうえで色々調べながら書いてたんですけどキルミーベイベーとかいう爆弾もまだありましたね....(すっかり忘れてた)キルミーは復活するんだ。(とりあえず言っとけ感)桜Trickとか、あっちこっちとか、夢喰いメリーとか。僕がまだ見たことのないものも多々ありましたね。ドージンワークとか、GAとか、かなめもとか。まどマギなんかもひだまりの作者の蒼樹うめ先生が関わっていますし、コラボみたいな形でやってきそうですね。

ていうか、アルドノア・ゼロもきらら作品に含まれる?のでしょうか...。ある記事を参考にしながら作品名を連ねていたのですが、そのなかにあったので。

 

ちなみに僕の好きなきららはけいおんを筆頭に、Aチャンネルゆゆ式城下町のダンデライオンなんですよね。けいおん以外はそこまーでな作品が好きです。なのでリセマラはトオルちゃんを狙って引きました。

f:id:kitam1106777:20171214162323j:plain

よければフレンドになってください!僕と一緒にはるかぜの科学!Morning Arch

 

とまぁ、考察ならぬ経営戦略を考えてきたのですが(すごく勝手)どうでしょうか。どうでもいいね、ごめんね。とまぁ、いろいーろ考えてみたことだったので記事にしたかったんですよ。合ってるかどうかもわからんですけどね。正解する必要性はないのですが。

ここまで読んでくれたのならありがとうございます、おつかれ!

けいおんごちうさに焦点を当てた理由は最近のきららと言ったらこれかとか、気にしやすかった点が大きいです。他作品にも触れろよって感じだったらすみません)

天鏡のアルデラミンの最新刊が出てるのに気づけなかった男。

こんにちはうづきちです。仕事は楽にやれの精神は大事。大事。

 

僕が好きなラノベとかオススメのラノベは?って聞かれたら絶対こう答えるっていう回答がありまして、それが『ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン

f:id:kitam1106777:20171213115356j:plain

かわいらしい表紙をしていますが中身は結構ガッツリ戦記物。人は死ぬし、人は死ぬ....。

この本の好きなところが、まず主人公。いかにだらけるかというのが主人公の理念。(理念なのか?!)

「科学的」という言葉を主人公が多用するのですが、現代科学的な科学的ではなく嫌なことこそ効率的に、手短にという科学的思考、という扱い方ですね。楽になるという点では共通するものが有りますね。この考え方がすっごいいいいなと思って感銘を受けたんですよ。これのおかげで仕事が少しだけ楽になった。内容に変化はないのですが、やり方を変えるるだけでかなり楽になります。(大脱線)

あとはアニメの声優が岡本信彦さんだった為。

 

そして僕が好きな戦記物であったこと、しかもそこそこ無慈悲な。なにか語るとき僕は熱い熱い言うんですけど、熱いです。(熱い)

戦記物ということで大規模な戦闘が描写されるんですが、文章の場合って現場を想像しづらいって思う人いますよね。この本は想像しやすいんですよ。あーなるほどねーうんうん(熱い)って感じ。お前なにもわかってない顔してるじゃねえかなんて言わないでください!ほんとです!想像しやすいんです!信じてください!

とりあえず面白いんですよ。作者が頭いい作品は大概面白い。僕の頭は悪い....(ここまでの文章を見返す)

ちなみにこの作品のヒロインは画像にいる赤い髪の子が好きです。好きなんですけど~、うん。(なんでイマイチな書き方なのかは原作を読むんだ!!!!)

とまぁ、好き好き言いながら12巻の発売普通に忘れてて今日買いました。

 

本はラノベでもなんでも僕らにいい影響を及ぼすものですよ、みんなも読みましょう。読め。おつかれ。

 

 

僕が今までの人生で唯一ゴミ箱に叩き込んだ本の話。

こんにちは、うづきちです。

ブログみたいなの書くとき、自分で思ったのが本の感想とか書いてるのが一番好きらしい。うん。

とまぁ、本題。高校の頃にラノベ三昧していたんですけど、読んでは買って読んでは買ってとしてたんですけど。僕は単巻で完結するラノベが好きなのですが(ガガガ文庫が単巻系をよく出すしオススメ)、そういうの買い漁ってるうちにとんでもない地雷を踏んでしまったんですよ。それがこれ。

f:id:kitam1106777:20171212100608j:plain

いや、地雷と言っても僕に合わなかっただけというのが真理なのでしょうが。(Amazonの評価とか星5だったし)←なんでやねん。

買った理由としては、音楽がテーマそうなタイトルだったからって感じ。音楽系がテーマのお話っていいですよね。さよならピアノソナタとか、けいおんとか。(なんかいいのあったら教えてください)

また、本買うときってあらすじとか気にしないで買うんですよ、ジャケ買い侍。それでいいなーってこの本買ったんですよ。

あらすじがこれ(今見ました)

冴えない日々を送る伊勢伊織。高校生となり、彼はかつての友人で初恋の相手、水無瀬愛と再会する。しかし、愛はボカロPとして活躍しており、伊織では手が届かない程の人気者になっていた!伊織は愛に近づきたいあまり、自分もまた数万再生の楽曲を作る人気ボカロPだと嘘を吐いてしまうのだった。 ...

 

そう、ボカロPになるとかならねーとかの話なんですよ。もう既に臭いじゃないですか。(超失礼)

特に

自分もまた数万再生の楽曲を作る人気ボカロPだと嘘を吐いてしまうのだった。

ここですよ、意味わからなすぎるでしょ。ごまかしようのない嘘ついて、どうにか嘘じゃなくする~みたいな話の流れだったはず。間違ってたらごめんなさい。3年近く前のことなので曖昧あいまいみー

嘘って誰しもついてしまうと思うんですよ。それはもう仕方なくてどうしようもない。どうしようもないんだけど、ごまかし効かない嘘はついちゃダメでしょ...。再生数とかコメント数とかごまかしようがなくない?こちらから数値弄ることはできんわけですし。この主人公やべえな。

感想は覚えてる感じじゃこのくらい。あとはもう内容が気持ち悪かったことぐらいしか。(ごめんなさい)やたらヒロインとかとベタベタして新キャラ出して~とかやってるラノベよりキツかった。

そして家に帰って部屋のゴミ箱に叩き込みました。本にも作者にも申し訳ないと思う。でも、あのときは抑えられなかった....感情に任せた一投だったと思う。

 

はい、僕の人生初を奪ってくれちゃった本の話でした。おつかれ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キミシダイ列車の研究

こんにちは、うづきちです。前の記事がどうも明るくオチなかったのでもう一つ。

 

ある日僕がニコニコのアイマスMAD(アイドルマスターのアニメのシーンを切り取り貼り付けしてまた一つの作品にするやつ)を漁っていたら、よいMADが一つ見つかりました。それがこれ。

www.nicovideo.jp

ONE OK ROCKのキミシダイ列車という曲を用いて作られたMAD動画ですね。音ハメなどがすっごい気持ちのいい動画なので見てみてください。

 

でまぁ、このMADを見て聴いて、キミシダイ列車にドハマリしてしまったんですよね。

まず単純にかっこいい、これ歌えたらもっとかっこいい.....って早速ヒトリカラオケに突貫しました。

 

 

歌えねえ!!!!!!!!!!(´・ω・`)

 

テンポを掴みづらいのと、英語が混じるところでペース乱されて最終的に「ふーんふーんふーん(涙」みたいになった。

普段僕は、なにかを失敗とか上手くいかなかったときとかに悔しがることってほとんどないんですよね。

でもですよ、歌うことって僕大好きなんですよね。また、自分でも得意だと感じれたことなんですよ。(あくまで主観なので周りがどう思っているかは今は度外視する)

なので歌えなかったことがめちゃめちゃ悔しかったんですよね。

 

そして、熱い研究が始まった....。

 

研究方法としてはまず、とりあえず聴く、そして口ずさむ。まずはこれら。

とりあえず歌った。車の中でも仕事の途中でもアメニモマケズカゼニモマケズ.....

そしたら歌詞がペラペーラと出てくるようになるペラよ。これ大事。

 

そしてこのキミシダイ列車で自分が一番難題だと思った箇所

 

yes try to try , In moving on

というフレーズ。ここ最初速すぎてまーーーーじで歌えなかった。歌詞覚えてからもダメだった。

ダメだったので次はここに焦点を絞った。

Twitterのフォロワーにどう歌ったらいいか聞いたら

「トライトラロベーロー」って返ってきました。僕と考えは同じだったらしい。実際これに聴こえる。仕方ない。

でもどうにか形にしたいと、一人でペラペラ口ずさんでたらある日ポンッと上手く排出できたタイミングがありました。そしてそのタイミングを僕は捕まえて離さなかった。伝説のポケモン捕まえたばりの感じ。もう逃さねえぞラティオス

 

ここで割りと形になったロベーローのとこはクリアした。とりあえず最初から最後まで主要部分は歌えるようになったというわけ。頭のとこのゴアッウェーのとこはまだなに言ってのかわかんない(*´∀`*)

 

研究はまだ完成していない、僕のキミシダイ列車研究はまだ続くのだ。

 

おつかれ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『メルト』が12/7で10周年を迎えていたらしい。

こんにちは、うづきちです。今めっちゃやる気あるヤバイ。やる気あってめっちゃ熱い、溶けてしまいそう。

溶けてしまいそうというフレーズと言えばメルトですね。Supercellのryoさんがニコニコに投稿されたメルトが12/7で10周年を迎えたらしいです。すげぇ、はえぇ...。

f:id:kitam1106777:20171211102748j:plain

ボカロとかイマイチ知らない僕でも知ってる名曲ですね...。イマイチ知らないんだけど、ボカロに触れたのはこの曲が初めてだった。Supercell好きだったら自然と辿り着くよね。

 

2007年と言うと、僕は小学5年生でした。あんまりもなにもいい思い出がない年で思い出すのもそこそこ辛い。

しかして、この年に出てきた曲だのアニメだのがいいものばかりなんですよね。当時はオタクではなかったので全然知らなかったのですが。

アニメだとらき☆すたとか、ガンダム00とか、スカイガールズとか....etc

音楽だと永遠の存在者とか花の名とか.....しか知らねえ....。

 

前半で言う事言っちゃって後半がイマイチ、でもおつかれ。